カテゴリー「実生」の記事

2010年11月11日 (木)

実生・吾妻五葉松②

今年の春に発芽した実生五葉松のその後の様子を紹介します!

過去記事はこちら
http://goyo-matsu.cocolog-nifty.com/blog/2010/05/post-b28f.html
http://goyo-matsu.cocolog-nifty.com/blog/2010/07/post-ea72.html


実生五葉松も芽が出てから夏の成長期をこえて、だいぶ成長してきましたhappy01


実生挿ししたものもほとんどは根付いてくれたのですが、いくつかは残念なことになってしまいましたsad


水とかの管理の問題だったんですかね~sweat01


まだまだ勉強していかねばなりませんdash

それでは、実生五葉松の現在の様子ですflair


発芽直後ときの写真と比べて、1年の成長を見てみてくださいwink


発芽直後
1


成長後
1_2


発芽直後
1_3


成長後
2


3


いかがでしたか?

これからの成長がますます楽しみですhappy02

2010年7月19日 (月)

五葉松・実生挿し

お久しぶりです!

 

 

すっかり間が空いてしまいましたsweat01

 

 

あれからいろいろありましたが、無事に実生五葉松たちは成長しています。

 

 

 

さて、今回紹介するのは五葉松の「実生挿し」です

 

 

これは、簡単に言ってしまえば、生えてきた実生苗を途中でちぎって植えなおすことです。

 

何でそんなことをするかというと、こうすることにより

 

①根張りがよくなる(八方に根が出た八方根が理想です)。

 

②最初の枝分かれの位置が低くなり表現の幅が広がる。

 

こんな効果があります。

 

それでは、実際の作業の様子を紹介します。

 

004

 

まず、こちらが実生苗を引き抜いたところです。

 

根となる部分が一本突き出ていますね。

 

 

005

 

次に、こちらを自分の作りたい高さを目指して、なんとなくで実生苗をちぎります。

 

こうすることで、ちぎったところから発根し、実生苗が生長していきます。

 

 

006

 

これが、植えた直後の写真です。 

 

あまり幹となる部分が短いときには、ピンで留めるといいそうです。

 

 

この実生挿の注意点は、

 

①挿し木後は、風通し・日当たりのいいところに置くこと

②乾燥に注意する

などがあります。

 

 

私が行った作業は以上ですが、実生挿しについては、あるテキストにもっとくわしく丁寧に解説されています。

 

というか、私が紹介できることなんて、本当に表面的な簡単な部分だけですsweat01

 

そのテキストは、このブログのリンクにもあります「Bornsaiるねさんす」のブログ主であり、福島の盆栽園の若き三代目でもある「ちどり」さんのお作りになった、「Bornsaiるねさんす実生1年号②」です。

 

現在、実生1年号から3年号まで出ていますので、もっと詳しく知りたい方は、「Bornsaiるねさんす」をお訪ね下さい。

 

実生挿しだけでなく、吾妻五葉松の実生について非常に詳しく解説されています!!

 

 

 

なお、福島市吾妻五葉松振興協議会では、8月9月10月に計3回行われる「初心者向け盆栽教室」の募集をしています!!

 

興味のある方は、ぜひコメント欄にでも一言下さい!!

2010年5月 8日 (土)

実生吾妻五葉松、順調に成長中!

お久しぶりです!

 

最近やっと暖かくなり、福島市ではくだものの花が咲き乱れていました。

 

 

 

我が家でも、GWごろの陽気のお陰で一気に種から発芽してきました。

 

本来4月頃に種を播きますが、私は気が急いて2月中旬にまいてしまっていました。

 

それから2ヶ月……

 

待てども待てども芽は出ず、乾かさないように潅水し続ける日が続きました……

 

そして!やっとポコポコと芽が出て葉が広がってきました!

 

これが我が家のかわいい1年生五葉松です!

002 

003 

新芽のアップがこちら

 

001 

いや~やっぱり待ち望んできただけにかわいいですねぇ

 

 

次は、出てきた芽たちの「実生差し」の様子を伝えいたいと思います。

2010年3月12日 (金)

やっと春かsign02

今日の福島市は、最高気温12℃sign03sun


一昨日までは、雪が降ったりの冬再来の天気でしたsnow

なので、実生プランターは外から玄関に避難中でしたsweat01

霜柱が立つと、実が外に出てくるときがあるんですdown


でもsign03

今日は天気がよかったので、外にバッチリ出してきましたflair

土の乾きも悪かったので、しっかり乾いて欲しいと思います。

そうしないと、世話したがりの私は、することがなくてつまらない(笑)

まだまだ芽はでていませんが、暖かくなってきてるので、いつ出るのか毎日楽しみですshine

2010年3月 8日 (月)

実生・吾妻五葉松①

このところ福島を留守にしまして、しばらくぶりの更新です。

さて、突然ですが、最近私は吾妻五葉松の実生に挑戦にしています!!

実生というのは、つまり五葉松の種を植えて、一から盆栽を育てるっていうことなんです。

私がこれを始めてみようと思ったのは、ブログ「Bornsaiるねさんす」http://philosophy-of-bonsai.cocolog-nifty.com/ のブログ主であるちどりさんの影響によるものです。

ちどりさんは、「種を植えてから5年でどこまで楽しめるか」ということを伝えていまして、ブログを読んでるうちにすっかり影響を受けてしまいました。

ちどりさんについて簡単に紹介しますと、ある盆栽園の3代目にあたる方で、私の仕事の関係団体の会員さん(2代目)の息子さんということになります。

詳しくは、ちどりさんのブログやHPを見てみてください!

その盆栽園も私の実家近所にあり、昨年の秋ぐらいから実生に挑戦しようとずっと狙っておりました。

2月中旬に盆栽園にお邪魔して種を売ってもらい、少し早いのは承知で植えてみたのです。

流石に早すぎたようで、まだまだ芽は出てきませんが、今月の中旬から末にはお見せできるんじゃないかと思います。

今日はこんなところで!

次回は、種を植えたときの様子でも!

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

盆才人紹介

  • ちどりさん
    吾妻五葉松の里福島市にある盆栽園の若き3代目 私が実生五葉松をはじめるきっかけの人であり、師匠でもあります。 プロの書く初心者にもわかりやすいブログは必見です! ちどりさんのお爺さんである阿部倉吉さんの貴重な資料もあります。
  • 春嘉さん
    盆栽鉢を作ってらっしゃる有名盆栽鉢作家さん 毎日更新されるブログは盆栽鉢のことから盆栽界の将来まで幅広く語られています。 初心者にもとても読みやすいブログです!