« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月

2010年3月25日 (木)

吾妻五葉松の芽!

こんばんは!

最近の福島市は暖かくなったり、今日みたいに雪が降ったりと変化が激しいです┐(´-`)┌

我が家の盆栽も外に置いたり、中に移したりの繰り返し……

新芽の成長が心配です(A;´・ω・)アセアセ

そんな可愛い新芽を観察していると、あることに気がつきました!

同じ吾妻五葉松でも、芽の形が全然違うんですヾ(.;.;゚Д゚)ノ

 

 

 

 

……まぁ、それだけなんですけどね。

慣れてる人には当たり前かもしれませんが、私のような素人には新鮮な驚き

新しい分野に挑戦すると、驚くことばっかりですね~

ちなみに、これが芽の違いを撮った写真です。

018

017  

ね?違うでしょう?

 

 

次は我が家の自作盆栽棚の話でも

 

それでは!

2010年3月16日 (火)

新芽成長中!

春が近づくにつれ、吾妻五葉松の芽もどんどん大きくなってきています

100316_1943_01

100316_1943_02

やっぱり、成長する姿を見るのはいいですねぇ~(◎´∀`)ノ

もう少ししたら、芽摘みを行う予定です

それでは

2010年3月14日 (日)

接木講習会開催!

行っただけで、参加してませんけどね(笑)

今日は、私が関わっている盆栽団体主催で、接木講習会を開催しました

と言っても、夏の初心者盆栽教室、秋の盆栽教室とは違い会員さん向けの教室です。

内容は、五葉松の優良穂木の黒松台木への天接ぎと、五葉松台木への元接ぎです

使う穂木の種類は、松国宝、蓬莱、鎌沼3号、福吾妻

これでも代表的な品種だけらしいですが、吾妻五葉松ってこんなに品種があったんですね

正直、驚きです(笑)

今回の私は運営&準備なので、実際の講習には参加はしませんが、見学しつつ勉強しました

講師も会員さんの中で、プロとベテランの方にお願いしました

内容的にはこんな感じです

まず、穂木を用意します。

100313_1534_01

根本の方に向けて、カッターで切り口を作ります。

100313_1535_01_2

続いて、切断面を下にして、穂木が動かないように安定させます。

そして、反対側を少し切断面が大きくなるように切断します。

100313_1535_02

この写真では、下に新聞紙を敷いていますが、実際の講習ではゴム板を敷いていました。

こちらが切断面になります。

下の写真を見ると、ちゃんと切断面の長さに差が出ているのがわかると思います。

100313_1536_01

100313_1536_02

今度は、台木の方に切り口を作ります。

100313_1537_01

切り口をグッと開いて・・・

100313_1538_01

穂木を差し込みます。

このときに、形成層を合わせること、切断面を汚さないことが大事です

100313_1538_02_2   

挿し込み完了

100313_1539_01

この後は、接木テープなどで固定して、動かないようにします。

さらに周りを脱脂綿などを巻き、乾かさないようにします。

こんなところでしょうか。

実は他にもポイントがあったりするのですが、講習が終わった後に一人ひっそり写真を撮ったので、それについては写真がありません(笑)

なので、講習会に参加した人の秘密みたいなものでしょうか

もちろん知りたい方がいましたらお伝えしますが

先生曰く、この方法でちゃんと接ぐことができれば、100%近く活着するそうです

五葉松でこれはすごい数字ですよ

今日の接木講習会はこんな感じでした。

私も来年当たりは挑戦してみたいなと考えています

では、今日はこんなところで

2010年3月12日 (金)

やっと春か

今日の福島市は、最高気温12℃


一昨日までは、雪が降ったりの冬再来の天気でした

なので、実生プランターは外から玄関に避難中でした

霜柱が立つと、実が外に出てくるときがあるんです


でも

今日は天気がよかったので、外にバッチリ出してきました

土の乾きも悪かったので、しっかり乾いて欲しいと思います。

そうしないと、世話したがりの私は、することがなくてつまらない(笑)

まだまだ芽はでていませんが、暖かくなってきてるので、いつ出るのか毎日楽しみです

2010年3月 8日 (月)

実生・吾妻五葉松①

このところ福島を留守にしまして、しばらくぶりの更新です。

さて、突然ですが、最近私は吾妻五葉松の実生に挑戦にしています!!

実生というのは、つまり五葉松の種を植えて、一から盆栽を育てるっていうことなんです。

私がこれを始めてみようと思ったのは、ブログ「Bornsaiるねさんす」http://philosophy-of-bonsai.cocolog-nifty.com/ のブログ主であるちどりさんの影響によるものです。

ちどりさんは、「種を植えてから5年でどこまで楽しめるか」ということを伝えていまして、ブログを読んでるうちにすっかり影響を受けてしまいました。

ちどりさんについて簡単に紹介しますと、ある盆栽園の3代目にあたる方で、私の仕事の関係団体の会員さん(2代目)の息子さんということになります。

詳しくは、ちどりさんのブログやHPを見てみてください!

その盆栽園も私の実家近所にあり、昨年の秋ぐらいから実生に挑戦しようとずっと狙っておりました。

2月中旬に盆栽園にお邪魔して種を売ってもらい、少し早いのは承知で植えてみたのです。

流石に早すぎたようで、まだまだ芽は出てきませんが、今月の中旬から末にはお見せできるんじゃないかと思います。

今日はこんなところで!

次回は、種を植えたときの様子でも!

2010年3月 1日 (月)

なんと!さすがグーグル!

突然ですが、このブログの目的は、

「吾妻五葉松をPRし、少しでも多くの人に知ってもらう」

ことにあります。

そこで重要になってくるのは、ブログの更新頻度や内容の濃さになりますが、やっぱり見つけてもらえないと意味がありません!!

さて、グーグルで「吾妻五葉松」と検索してみて下さい。

なんと、1ページ目にこのブログが来ています!!

これはかなり嬉しいことです!

少しでも多くの人にこのブログが見つけてもらえるでしょう!

今後もトップページに残り続けられるように、しっかりとした内容が残せるように頑張ります!

それに引き換えヤフーは、ブログタイトルで検索しても1件もヒットしません

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

盆才人紹介

  • ちどりさん
    吾妻五葉松の里福島市にある盆栽園の若き3代目 私が実生五葉松をはじめるきっかけの人であり、師匠でもあります。 プロの書く初心者にもわかりやすいブログは必見です! ちどりさんのお爺さんである阿部倉吉さんの貴重な資料もあります。
  • 春嘉さん
    盆栽鉢を作ってらっしゃる有名盆栽鉢作家さん 毎日更新されるブログは盆栽鉢のことから盆栽界の将来まで幅広く語られています。 初心者にもとても読みやすいブログです!